安全・環境・品質への取り組み

大東化学は、従業員の安全と健康を守ることを何よりも優先し、安全衛生活動を推進しています。
また、全ての事業所でISO9001及びISO14001の認証を取得し、品質・環境改善活動を行っています。
更に食品添加物製品において、日本食品添加物協会が定めた自主基準である食添GMP(HACCP導入型)を取得、
代表製品である酢酸ナトリウムについてはハラール認証を取得し、「食の安全」に取り組んでいます。
そして、労働災害防止、安定した品質と生産性向上のために、5S活動と改善活動(提案・小集団)を展開しています。

安全衛生方針 (従業員の安全と健康を守るために)

大東化学は、従業員の安全と健康を守ることが最も重要な社会的責任と考え、 全ての企業活動の中で何よりも優先します。
そのために、適切な経営資源(人員、設備、資金)を投入し、安心・安全・快適な職場環境づくりを推進します。

行動指針

  1. 従業員全員参加で、労働災害ゼロを目指す安全衛生リスク低減活動に取り組みます。
  2. 女性・シニアを含め、全従業員が心身ともに健康・快適に働くことができる職場環境を作ります。
  3. 安全衛生に関わる全ての関係法令を順守し、社内規程や管理体制を継続的に改善します。

環境・品質方針

私たちは、無機・有機化学薬品及び薬液調合製品の製造を通して、社会の健全な発展に貢献する事を目指します。

1.環境方針

次の活動を通して積極的に環境保護及び汚染の予防に努め、継続的な環境改善活動により企業としての社会的な責任、使命を果たし、地球環境の保護に貢献します。

  1. 環境関連法令等の遵守
  2. 生産に関わる環境負荷の低減
  3. 環境に影響を与えるトラブルや事故の予防
  4. 化学物質及び製品含有化学物質の適正管理